4月 羽田空港対策特別委員会

2008.04.17

  16日、羽田空港対策特別委員会を開催。第4滑走路、国際線ターミナルの建設現場を視察するために、15分程度で報告を切り上げ、質疑は次回に持ち越しとなる。

 建設中の第4滑走路は、多摩川河口部を半分ほどふさぐ世界で始めての工法で作られている。私は、環境影響評価書作成当時、東京都民に意見を聞く場に「公述人」として申し込み、「河口部をふさぐ工法が何故問題なのか」を多摩川汽水域の大切さなど環境問題中心に意見陳述をした。

 あれから月日がたち、目の前の海には橋脚が出現している。多摩川の風景が、様変わりを始めている。年間40万7千回の離発着に拡大される羽田空港。4本の滑走路に飛行機を誘導するための官制の技術が問われるだろうし、安全を危惧しないわけにはいかない。折りしも管制官に対する判決が下りたばかりである。日本の航空会社は整備部門を民間委託し、海外での整備も増えているというが、技術の日本の誇りと安全を第一にして欲しいと思う。

 さて、今回の委員会の報告案件は、今までの調査委託では考えられないケースである。それは、昨年度調査委託をした「臨海部基本調査」が3月末をもってしても十分とはいえず、コンサルとの契約額を、当初の約3390万円から約800万円に変更したというのだ。調査委託から約8ヶ月が過ぎての結論であった。質問したいことがたくさんあったが、議論は5月議会に持ち越された。

| 議会・活動報告 |

2008年第一回定例区議会を終えて

2008.04.11

 皆さんお元気ですか。早いものでもう4月。そして、長らくお待たせいたしました野呂恵子の活動や日々の思いを届けるブログをようやくリニューアルいたしました。議会活動、まちや地域の様子、そして、日記「風便り」などを更新してまいります。どうぞ、ご意見、ご要望をよろしくお願いいたします。

 さて、2008年度第一回定例区議会が3月25日終了いたしました。これから順次その内容をお知らせしていきます。その前に、「とあるブログで議会最終日のことが報じられて、貴方の名前が出ているよ」とご指摘がありましたので、今日はそのことについての最終日の一こまをお知らせします。

 今からおよそ8年前?の議会で「監査委員」2名の同意について区長から提案がありました。それはこれまでの慣例とも言える「与党から2名」ではなく、「与党一名、野党一名」という選出でした。そのため議会運営委員会で「野党の一名だけは無記名投票と決めた」と報告があり、私は大変驚きました。「同じ議会で2名の監査委員を決めるのに、採決が別々とは?学級会でもそういうことはない」というのが元教師の私の率直な感想でした。そこで私は異議を唱え、2名の採決に加わらず退席しました。「どちらも同じ採決方法をとるべきであり、無記名はおかしい」と。その結果、同意は「24対24」の可否同数になり、ついに議会は深夜に及び、次の日に持ち越したのです。結局、議長の一票で同意を得て、その野党の方は監査委員に就任しました。

 さて、今回、区長から教育長人事が出されましたが、議会開会直前に事務局から聞いた報告は「無記名投票」でした。私は、8年前の記憶がよみがえり「何故、無記名なの」と、再び疑問が出て、議場で「動議」をかけたのです。「無記名ではなく、起立採決を求めます」と。残念ながら賛成は私を含め10票でしたが、議員の表決権は重いものであると今も考えています。

 おりしも、国会では「日銀総裁」をめぐる採決が、都議会では「新銀行東京への追加出資」の採決が、いずれも記名投票で行われました。いずれにしても個々の議員の責任において態度表明しているのです。

 これからも淡々と。3月25日のひとこまでした。       野呂 恵子

 

 

| 議会・活動報告 |