地域から国際交流・・・大田区のムジゲの会 図書を寄贈

2009.09.15

先日、カラフルでとても素敵な韓国の本を寄贈する催しがありました。大田区に在住の韓国の方々は、大田区と韓国を結ぶ七色の虹のような架け橋になりたいと「ムジゲ(虹)の会」を作り活動を続けてきました。

その活動を通して、9月12日、大田区立久が原図書館に本の寄贈をおこなったのです。しかも、韓国語から日本語に翻訳して寄贈されたので、多くの子どもたちや、区民が手にすることと思います。

久が原図書館は現在。NPO大田教育の会が運営を行っています。退職された校長先生などが中心です。また、久が原図書館には世界各国の本が置かれているとのこと。その一角に100冊の本も加わるには、とても楽しみなことです。

 この活動には、区民の方々や、区役所の有志の方々など、いずれも韓国の文化や言葉を学ぶなどの交流を通して友情を育ててきたボランティアグループの方もたくさん参加していました。

会の代表である趙さんは、当日、チマチョゴリに身を包み、「本当にうれしい」と語ってくれました。「ここまで至る道のりで、多くの日本の方に助けられたのです」と語る言葉は、逆に私たちを勇気づけてくれました。

 また、今年2月、韓国の超党派の女性議員が大田区を視察に訪れましたが、その女性議員からも本が届けられました。

 国際交流と一口に言っても、一番大切なことは地域の草の根の活動が、息づいているかどうかではないでしょうか。その点、大田区で地道に活動を続けてきたムジゲの会と、その活動を初めのころから励まし続けてきた大田ユネスコの会との交流もまた、大きな架け橋になっています。

 静かな佇まいの久が原図書館に是非足を運んでみてはいかがでしょうか。心のこもった本がきっとあなたを迎えてくれるでしょう。

| 議会・活動報告 |