新しい年を迎えて

2016.01.16

2016年、新しい年が始まりました。

昨年は戦後70年の節目の一年。まさに激動の年でした。
その中で若者が安保法案を自分のこととして立ち上がり、行動していた姿が心に残り励まされました。
今年は参議院選挙があります。
今年も連帯して、平和な社会を継続できるよう声を上げていきましょう。

大田区では若い世帯が増えています。
それに伴い保育所の整備や、児童館など小学生の放課後の居場所づくりが求めらています。
昨年は新たに約500名保育所入所枠を増やしましたが、待機児解消に今年も取り組んでいかなければなりません。

また、引きこもりが増えており、地域で支えていける仕組みが必要だと痛感しています。

子ども達の未来に安心な区政をめざしていきます!
本年もよろしくお願いいたします。
20151205_142617 1

12.02.21庭9907フクジュソウ 1

| 議会・活動報告 |

民泊について・・・

2016.01.16

2015年6月30日政府は「規制改革実施計画」で、「インターネットを通じ宿泊者を募集する一般住宅、別荘等を活用した宿泊サービスの提供」について、2016年に結論を出すと閣議決定しました。
大田区は第4回定例区議会において民泊条例を提出しましたが、あまりにも性急であり、丁寧に時間をかけ議論をすべきだと考え反対しました。

民泊の増加で無許可の営業や、又貸しによるトラブル、防火設備が設置されているのかなど課題があります。
違法な民泊の規制については明確な基準をつくり、近隣区民に安心を提供できる制度の必要性は理解できます。

しかし、利用日数は7日以上10日以内です。
一定の場所に7日も宿泊するのでしょうか。
また、国際交流の観点から2泊3日と少ない日数ではあるがまじめに民泊に取り組んできた区民はどうなるのか。

11月27日、観光庁と厚労省による第1回目の検討会が開催されたそうですが、今後検討会で宿泊日数や民泊対象地域も含めた議論が行われ、秋までには報告があるとのこと。

また1月12日には簡易宿所の規制緩和が報告されています。
国そのものが民泊について一枚岩ではなく、各省庁の思いが交錯している状況において、大田区の条例制定は影響を受けざるを得ません。
議論を待ってからの条例制定をと主張しましたが残念です。

京都市は市内の民泊の実態を調査するためプロジェクトチームを立ち上げましたが、大田区は区内における民泊の実態調査も不十分です。
区長が掲げる国際都市、国際交流は、外国人が訪れたい大田のまちづくりであり、地域の住民が地道に取り組んできた交流などの役割は、7日以上と規定することにより逆に大田区を訪れる外国人の機会を少なくすることではないでしょうか。

条例では立ち入り調査や質問ができるとしておりますが、罰則規定がないため効果を検証できるでしょうか。

地域住民の不安を払しょくし、まじめに取り組んできた区民が排除されない制度であるべきです。

| 議会・活動報告 |

羽田空港新飛行経路 騒音など課題あり! 

2016.01.15

戦後、羽田空港沖合展開が行われましたが、それは区民の願いをくみ取った大田区議会が決議を上げ国に要望したものであり、「騒音問題を解消したい」という願いのもと取り組まれてきました。

昭和58年羽田空港沖合展開の環境影響評価において、公聴会も開催されましたが、京浜島の工場地帯の上空およそ50メートルで騒音をあげる航路により、その真下に位置する京浜島の方々は、大変厳しい環境に置かれたのです。
その中で国は、新C滑走路供用開始後は、新A滑走路から北側への離発着はしないことを約束してきました。

ところが訪日客の増加のために内陸部を飛行する新経路が発表されました。その内容は安易に容認できるものではありません。
京浜島はもちろん、大田区内陸部も影響を受けます。
大田区議会には陳情も提出されました。
「子どもたちの学び育つ環境を大切にしたい」という区民の願いを真摯に受け止めるべきであり、新たな飛行経路は大いに問題があります。

写真は京浜島の設置された誘導灯と隣接する工場
この上空を飛ぶ
20151202_114520 1

| 議会・活動報告 |