今年も「親善訪問調査」に伴う議員派遣・・・・反対しました 

2016.09.23

第3回定例区議会が14日から始まりました。

10月議会終了後アメリカ・中国・ヨーロッパの3地域への親善訪問に伴い、15日にはこの案件を議会で議決しました。
今年は、
アメリカ セーラム・ボストン・ニューヨークへ8名。
中国 大連へ7名。
ドイツ ブレーメン・ハンガリ ーブタペスト・イギリス ロンドンへ8名。総勢23名の議員派遣が賛成多数で議決されました。
昨年は24名の参加で約1600万円ほどの経費を支出しました。

世界中で様々な紛争が続く現在、文化の違いを理解しあい平和な交流を続けるため外交があります。また、環境先進都市の取り組みなど持続可能な社会へ向けた学びの意義など、決して否定しません。しかし、税金で毎年のように3方面へ行く必要性があるのでしょうか。

毎年海外へ議員派遣している大田区議会の取り組みが、区民生活にどのように反映されているのでしょうか。
区内の実態に目を転じれば、町工場の閉鎖や商店街の衰退など区民生活はとても厳しく、格差が拡大し景気が上向いていないことがわかります。認可保育園に入れず、苦労している若い世帯も多数おります。このような大田区民の生活に今一番必要な政策が、毎年の海外視察で得られているのでしょうか。
しかも姉妹都市であるセーラムや中国以外の親善訪問調査は、毎年ヨーロッパなのです。

例えば友好親善のため周年行事に議長が代表で参加する議会が多数あるように、友好親善はそれで果たされています。
海外の調査をしたいときには、政務活動費で上限30万円の範囲での使用が認められています。それを超えた場合には自費で賄います。
また、大田区民がセーラム訪問団として姉妹都市交流を続けてきたので、相互交流が深まっています。
大田区議会では、議員任期4年の間に3方面に視察していますが、昨年参加された多数のメンバーが、今年は違う国を視察します。

詳しくは、下記の大田区議会ホームページに視察日程・派遣議員、更に議決の結果が掲載されています。

http://www.city.ota.tokyo.jp/gikai/honkaigi_iinkai/honkaigi/h_28/3teirei/2803sonota.html

 

 

 

 

 

 

| 議会・活動報告 |