5月1日 メーデー

2017.05.02
5月1日、メーデー。
ヨーロッパでは5月祭・労働者の日と呼ぶそうですが、働く人々の権利を訴え、多くの方々が日比谷野音に集まりました!
 昨年1月14日、朝日新聞に「厚生年金に加入資格があるのに、加入していないど労働者」について掲載されました。厚労省が、厚生年金に入っていない可能性がある事業所の緊急調査を実施したところ、200万人が三保に加入していないと推計されたのです。更に、23区のごみ収集作業員の一部も対象外になっていることが朝日新聞の調査で明らかになり、大変驚きました。23区のごみ収集は歴史的な経緯で51社と特命随契しているのに、三保が適用されていないとは!

この点を3月議会で取り上げましたが、23区から委託され都市の衛生を守るために働いてきたのに、雇用保険もない処遇では将来に希望も持てず、改善は当然です。

この4月から収集作業員については、本人が希望すれば厚生年金、健康保険、雇用保険の三保適用になりますが、運転手については今年度の課題です。
自治体の仕事が様々委託されていますが、そこで働く人々が自立して生活できることが基本でなければ!

東京駅まで新緑の風を受け、みんなで歩いた5月1日でした。

 

 

| 議会・活動報告 |