2017年度に向けて

2017.05.02

3月議会が終了し、新年度が始まり慌ただしい日常です。
2017年度一般会計は2,6185千万円余と過去最大です。

新空港線整備費の質問が寄せられますが、矢口渡と京急蒲田間の増事業費が1260億と膨大であり、都市計画決定がなされ、財調で担保されることが大前提だと痛感!
大田区の立ち位置を認識して取り組まなければ後々につけを残します。

さて、私が初めて議会で議論した一般会計予算は1999年度の2005億円でした。当時も膨大な額だと思いましたが、あれから18年が経過し613億円も予算が増加。

中でも福祉費は当時の997億円から1467億円と474億円も増え、ここに区民の抱える課題が集中していると感じました。
障害福祉費や生活保護費も当時から倍近くも伸びましたが、とりわけ児童福祉費は229億円から557億円と328億円もの増額です。
夫婦共働き世帯が増え保育園建設予算や、困難を抱えている子育て世帯に対する政策などが集中して表れています。
一方で保育園などに通園していない子育て世帯への支援も重要であり、核家族化のため若い世帯が子育ての悩みを抱えています。

また、区が推し進めてきた膨大な事業の狭間でどちらかといえば後手に回ってきた引きこもり対策や子どもの貧困など、今まさにまったなしの対策にどのように取り組み改善していくかにより、大田区の未来が左右されます。

それは、子ども分野だけではなく高齢分野などにおいても同様であり、介護予防対策が遅くなればなるほど医療費の増額や介護費用の負担増という課題に直結します。

子どもの貧困対策計画である「子どもの生活応援プラン」の推進事業や、これらの問題に自発的に取り組んできた地域の活動団体の把握調査事業の取り組みは大切ですが、それだけでは不十分です。連携する仕組みづくりが必要だと感じる昨今です。

さて、これまで大田区では、社会教育の学びの中で育てられてきた区民が自主的に様々な事業を進めてきました。しかし現在では、予算も少ないなり、厳しい状況です。誰もが多額のお金をかけて学べるわけではなく、自治体が区民に学びの場を提供する社会教育が機能できる自治体でありたい。

今年は、中学生の学習支援に加え、高校生の卒業支援事業が示されました。高校中退者が多く、支援の必要性を議会質問でも訴えてきましたが、中退防止に向けた相談支援の開始は、一歩前進です。29年度は10名程度の規模で実施していくとのことですが、今後各高等学校とも是非連携してほしいものです。

児童相談所の検討予算も計上されました。
大田区が児相を運営するために最低限、児童福祉司18名、児童心理司9名、更に5年以上の経験を有するスーパーバイザーを福祉士五人に一人確保しなければなりません。現在、心理職は管理職含め2名しかおらず、計画的な採用なしには限界がありますが、大田区子ども家庭支援センターでは品川児相へ派遣してきた職員と共にきめ細かく、しかも夜間も含め対応してくださっており、私はセンターの拡充がより柔軟性があると思います。

東京都児童相談所と異なり職員が移動できないため、他区との交流なしには職員が疲弊してしまいます。
しかも一時保護所の設置場所は区外が望ましく、それら様々な課題を一から検証してくださることと思いますが、子どもの命を守ることが最優先の児相運営は、大変重大な責任を伴うことを片時も忘れることはできません。
もし、今後児童相談所を開設すれば、現在東京都の指導下にある認証保育所など無認可保育施設に対する指導権限も区へ移管されるなど、様々な部署に関わる膨大な事務も移管されます。

保育分野では認証保育所保護者負担軽減補助や保育士人材確保支援事業、待機時解消に向け161億円というかつてない予算が組まれました。保育サービス定員700名の拡充でも待機児童問題が解消するのか懸念されますが、自治体だけでは解決しきれない働き方の課題は、国を挙げての改善すべきなのです。

また、新たな保育所が増えるため、保育サービス課の指導対象は益々増える一方であり、その職員体制を整えなければ区の責任が問われていきます。

自治体の仕事は、一過性のアドバルーンを上げることではなく、住民の生活を支え続けていくこと。
その基本で今年度も頑張ります。
20170415_135828 1

 

 

| お知らせ |

報告会のご案内

2015.01.29

区議会議員として16年。本当にあっという間の時間でした。
この間、議会が開催後に発行してきた区議会通信も今年1月で103号になりました。 
毎回、ワードで作成して事務所で印刷をして発行し続けてきましたが、その各号に議会で審議された時間が重なります。

それとともに報告会も開催してきました。議会で議決された内容はしっかりと伝えていきたいと考え、取り組んできました。
報告会では参加者からの意見がとても大切です。

今年もまた第一回目の報告会、語る会を開催しますので、ご案内いたします。  

    日時 2月22日(日)午後2時~4時

    場所 大田区消費者生活センター 

P1010722 1

 

 

| お知らせ |

戦争体験者からお便り

2013.01.03

お正月の3が日は晴天に恵まれ、心なしかまちに繰り出す人々も安どの表情。
この一年が穏やかに過ぎてほしいと誰もが願っていることと思います。
先日、信念のこもった熱いお便りをいただきました。

戦争で南方へ行かれた方が、どのようにして命をつないで生き延びてきたのか、手記にまとめたそうです。それらがNHKのアーカイブスに掲載されていますから読んでくださいという内容でした。

胸を打たれる手記で、「戦争は絶対に繰り返してはいけない。」とせつせつと綴る思いが胸に響いてきました。

実は以前から戦争の語り部、証言を収録されてきたのは故・上田哲衆議院議員でした。大田区在住だったため、偶然にお話を聞く機会があったのですが、全国で戦争の記録、声を集めて映像として残す活動をしておりました。今しなければ、多くの方々の真実の声を聞くことができなくなると話されていたことを思い出します。

今日本は、戦争の時代へ戻っていくような空気が漂っています。しかし戦争を経験した方々が声を大にして「戦争をしてはいけない」と言い続けているのです。私もその経験から学び、二度と戦争のない日本であるように語っていきたい。

 

 

| お知らせ |

消費税は廃止を!…元静岡大学 湖東京至先生を講師に学習会

2012.09.19

9月2日、元静岡大学教授・湖東京至先生を講師に消費税の学習会を行いました。湖東先生は複雑な税の仕組みを大変わかりやすく説明してくださいます。消費税そのものの廃止を訴えているのですが、私たち緑の党も一貫して廃止を訴えてきており、先生とともに一致して廃止を言い続けていきます。
「今は増税はだめだが・・・」という意見の政治家が多いが、それは間違っていると話されていましたが、その通りです。

ヨーロッパにみられるように3%が5%へ。5%が8%へ、10%へと税率を上げていけばやがて15%は目前です。消費税の本名は「付加価値税」ですが、アメリカは導入していません。

売り上げにかかる税を考えた初代の人は、ローマ帝国のシーザーだそうです。売り上げに1%をかける税を決めたのだそうですが、ヨーローパの国々へ領土拡大を図るための軍事目的にしたのだそうです。

さて、消費税は滞納が多い税と言われています。そうすると「105円の5円を払っているのに!}と憤慨する方も多いことでしょう。しかし、それが大間違いなのです。

消費税5%は物にかかっていると国は言いますが、消費税は事業者が納めるものであり、1年間の売り上げ高から1年間の仕入れを引いた残りに5%をかけるものであり、1年間を終えた決算がでなければ消費税は出てこないため滞納が多いのです。つまり100円買えば5円が消費税ではないのです。この預り金ともいえる性格の5円をあたかも消費税のように思わせているところが国税局の宣伝です。こうして消費者と事業者を対立させているのですが、大企業は輸出戻し税によって還付金を得ているため、税率が増えれば増えるほど還付金も増えるため消費税増税を歓迎するのです。かつてこのブログで「大企業の輸出戻し税」について書きましたが、蒲田税務署が日本で9番目の赤字税務署になったのは、大手企業が本社を構えているからです。

でも国民はどうでしょうか!
税率アップは物価に反映されます。電気・水道・ガスなど公共料金はじめ食品などあらゆる物に影響を与えるのです。

挙句の果て、最近増え続けている派遣労働者の賃金は「仕入れ」に入るのですから、正規労働者から派遣にすれば企業はその分を「仕入れ」として売り上げから引くため、消費税を納める額が減るのです。
参加者から「国会議員は先生を呼んで消費税の勉強をしているのですか」と質問がでましたが、消費税に関し日本の第一人者である湖東先生を講師に勉強しているのはごくわずかだそうです。会場から「残念だ」と声がもれていました。

国民生活がどこまで疲弊するか目に見える消費税増税。

「消費税は廃止を!」
そのためにはやはり政治を変えていくことです!

  

 

 

 

| お知らせ |

7月4日 大飯原発再稼働をとめる「広瀬隆緊急集会」 終焉に向かう原子力

2012.06.28

7月4日、国民総決起で大飯原発再稼働をとめるための緊急集会が文京区民センターで開催されます。

第二の「フクシマ」が起きたら日本は滅亡してしまいます。全ての原発と再処理工場を即時廃止していくため、みんなで声を上げていきましょう。

日時・・7月4日(水) 18時30分から21時
場所・・文京区民センター3A会議室
(地下鉄春日駅A2出口1分)

講師・・広瀬 隆氏
参加費・・1000円

主催・・「終焉に向かう原子力」

 

 

友人から届いた佐倉の花菖蒲の写真です
四季折々の光景を次世代へもしっかりと受け継いでいきたいものです

 

 

 

| お知らせ |