終焉に向かう原子力講演会 ユーチューブでご案内

2012.08.07

8月5日、国会事故調の委員である田中三彦氏と伊東良徳氏の講演会が開催されました。

「1号機は津波前に壊れていた」と、 国会事故調委員・調査員の田中さんは福島原発事故の真相を語ってくれましたが、理路整然と技術者らしく事実に基づいてお話しておりました。

また、「大飯原発再稼働させたことは、福島原発事故が起きる前よりも悪くなったことだ」と語っていました。ぜひ下記のユーチューブでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=HtaEsOdkFV8

 

 

 

| 脱原発・平和 |

終焉に向かう原子力「国会事故調委員・調査員が語る福島原発事故の真相」

2012.07.19

講演会「1号機は津波前に壊れていた」

国会事故調委員・調査員が語る福島原発事故の真相

■伊藤良徳氏「非常用電源は津波前に停止した」

■田中三彦氏「津波前に重要配管が損傷した」

日時: 2012年8月5日(日)  18:15~21:00 (開場18:00)

場所: 文京区民センター3A会議室

(地下鉄春日駅A2出口1分)

講師: 伊藤良徳氏 (国会事故調調査員、弁護士)

田中三彦氏 (国会事故調委員、科学ジャーナリスト)

参加費: 1000円 (当日先着順・450人)

主催: 「終焉に向かう原子力」実行委員会

問合せ先: TEL/FAX  03-3739-1368  携帯 090-9137-2437

E-mail  shuuen@eagle.ocn.ne.jp

blog  http://shuennimukau.blog.fc2.com/

 

| 脱原発・平和 |

さよなら原発大集会 17万人の参加者!

2012.07.19

さよなら原発1000万人アクションは、主催者発表17万人の参加者で代々木公園は埋め尽くされました。集会後のデモもなかなか前へ進まず、17万人よりも多いのではないかと感じたほどでしたが、何故か警察発表は7万5千ですか?この落差は一体どこから来るのでしょうか。

それにしてもみんな元気いっぱい。暑さをものともせずに「原発はいらない!」と声を掛け合い歩き続けました。みんなが共通の友人のように歩いた一日でした。

福島原発事故のあと、事故の検証も原発の安全性も無視して大飯原発を再稼働させた政府。これは「屈辱である」と大江健三郎さんは述べていましたが、福島の人々の生活、国民の生活も政府は最優先にしていません。

福島から参加した武藤類子さんは「みんなで団結していこう」と語りかけていましたが、まさにその通りです。

また、参加したい思いはあっても様々な事情で参加できなかった方もおいでになりますが、それぞれの地から連帯の思いが届けられています。

広瀬隆さんが「みんなで脱原発を広めてほしい」と立ち上げた「正しい報道ヘリの会」の写真を使わせていただきます。

【提供:正しい報道ヘリの会】

ここからが始まりです。この流れを絶やすことなく、原発を廃炉に!

 

| 脱原発・平和 |

大飯原発再稼働に反対!  首相官邸前に10万人を超える人々が集う!

2012.06.30

「大飯原発再稼働に反対の思いを届けよう」と首相官邸に集まった人々。主催者発表で15万人は超えたのではないかと言われています。

私も夕方、かけつけましたが、長野や福島など、それぞれの県名を書いたプラカードを持っている人もいました。人間の命を大切にする政治を今こそ築いていきたい。

「福島の人々とともに」と書かれたのぼりがはためいていましたが、その福島で昨日、 空間線量率・毎時40マイクログレイ・ほぼマイクロシーベルトと同程度の高濃度放射線が、福島原発の西で観測されたという。この福島の現状を抱えた日本が再稼働などと、絶対認められない。今夜は多くの市民の声が首相官邸を包みました。

上空では何度もヘリコプターが旋回していました。広瀬隆さんが世界中に市民の輪を発信してくれることでしょう。

7月4日午後6時半、文京区民センターで「広瀬隆緊急講演会」が開催されます。

| 脱原発・平和 |

福島から大飯へ・・・再稼働に反対を!

2012.06.09

区立公園でふれあいパーク活動をしています。今年は、少し野性的な自然に咲いている雰囲気に変えようと思いつつ公園の花を選びました。そこで冬の間にワイルドフラワーを植えたのです。どんな花が咲くか楽しみでしたが、クローバーでもこれまでお目にかからない花など、時期を少しずつずらしながら咲いてくれました。

そして、秋に咲いてほしいと願ってコスモスを先日植えたのです。しかしどうしたことでしょう。季節外れの花を咲かせていたのです。

初夏に咲くコスモスではないが、3.11の地震以降、自然界で様々な異変が続いているとのこと。

自然の営みの偉大さ。私たち人間の叡智を超える脅威を与える自然。

「私の責任で大飯原発を再稼働させる」などとおごりも甚だしい首相。福島原発事故による放射能汚染で誰がどんな責任をとったというのでしょう。この先、何十年と続く不安な日々を生きる福島の子どもたちが現にいるというのに。地震列島日本の怖さをまだ認識せずに、再稼働などと。

福島を早や風化させているような再稼働をさせてはいけない。

 

| 脱原発・平和 |