清掃事業の課題

2008.05.29

 大田清掃工場建替えられるため、大田清掃工場整備事業環境影響評価書案の公告縦覧が行われております。また、環境影響評価書案の説明会が開催されました。一日目の説明会には私も含め市民の参加はたった3名と大変残念でした。数百億円といわれる整備費をかける建替えですが、私は、ごみ量の推移を見ながら、2期工事には必ずしも着手しないよう意見を述べました。

 さて、東京23区区長会が廃プラスチックのサーマルリサイクルを決定後の2年間は、本当にめまぐるしい日々でした。廃プラスチックを燃えないごみとして分別することが市民に浸透するまで実に30年近い年月を要しました。しかし、東京都が管理する中央防波堤埋立処分場への廃プラスチックの埋立が禁止され、それを受けた区長会がサーマルリサイクルに舵を切る中で、2006年を境に各区の廃プラスチックの方針が異なってしまったのです。廃プラスチックの資源化は「各区事項」とされ、資源化する区、しない区に別れています。確かに容器包装リサイクル法が充分機能していないために、リサイクルコストは自治体負担と頭の痛い問題です。拡大生産者責任を再度検討すべきですが、これとて、ペットボトルや古紙が中国など海外へ売却される展開をみせている中では、どう対処するか、新たな課題として浮上する問題になってしまいました。

 そうした状況の中、東京23区清掃一部事務組合がプラスチック製品中の含有重金属類分析調査結果についてホームーページで公表しました。市販されているプラスチック製品中の重金属類の調査は貴重なデータであり、市民と共にその調査内容について説明を受けました。

 便利さと引き換えに大量にうみだされるごみ。しかし、そのつけはいつか私たちの身に降り注ぐ。地球温暖化の問題、二酸化炭素の排出量増加の問題など、私たちを取り巻く環境は確かに声を上げ始めている。

 

 

| 清掃・リサイクル |