「百聞は一見に如かず」・・ごみ性状調査見学   in港清掃工場

2009.08.02

 6月30日、廃プラスチック検討委員会でごみ性状調査を見学する機会を作ってくれた。これまで清掃工場のバンカーはいつもガラス越しの見学であったが、今回はバンカー内のホッパーステージと呼ばれる場所に初めて入っての見学。

 当初から何度も聞かされ、覚悟はしていたが、入った瞬間の臭いと熱気は、本当にすごかった。生ごみが発酵して立ちこめる臭気は想像以上だった。私たちはわずか40分程度の見学だが、作業しているかたは、座ってずっと分別を続けている。活性炭入りのマスクをしてはいるというが、大変な作業である。

可燃ごみには、ごらんのように電気コードなど、不燃ごみが入っていた。どうしてこんなものを燃えるごみに入れるのか!

「ごみに出してしまえば誰もわからない」という人間の心理なのか、本当にがっかりする。

写真を見ればわかるように、ごみ性状調査では、紙類でも種類ごとに分別、割り箸ひとつも丁寧に分別して、ごみの種類や割合をはじき出している。

  

プラスチックも種類ごとに分別していた。それでも、ここ港区は、容器包装プラスチックも容器包装以外のプラスチックもリサイクルしていることと、港工場では、区収集ごみよりも持ち込みごみが約6割というから、プラスチックの混入割合は比較的少ないのだが。

ごみから人間の気持ちが垣間見えると、つくづく思った。

便利さや快適さというものを追求する代償に、私たちは、大量消費・大量廃棄のつけを多額の税金を清掃事業に投入して得ている。

生ごみが発酵して発する臭気をこの中に封じ込め焼却し、都市の快適さの恩恵を受けているかわりに、公害防止とういう機械設備がどんどん施され、それらが税金という形で支出されていく。

ボールを持ってお豆腐を買い行かされた子ども時代、買い物籠を持って卵を買いに行った子ども時代、我が家のごみ箱はどこにあったのかなと考えても思い出せないのは、循環のわ・環が機能していたからであろう。

 また、野焼きをすればダイオキシンがでるなど誰も知らなかったし、一つの風物詩のように季節を感じる言葉でさえあったのだから、のどかな時代であった。

 今回、見学するにあたって普段着の上に作業服、作業服の上に更に防護服、そして軍手、マスク、ヘルメット、長靴着用の上でバンカー内のホッパーステージに入ったのだが、40分後に出てきたときには、軍手を脱いだ手にもヘルメットをはずした頭からも臭いが漂っていた。洋服も全て臭っていた。

 「そのままでは帰れませんよ」と事前にいわれていたとおり、港工場内のお風呂場を使わせてもらった。ごみ発電のお湯につかりながら、昔は、こうした風呂やシャワーなどが十分整っていなかったという話を思い出す。ごみ収集の職員も本当に辛い時代があったという。

テレビでどんなに清掃工場のごみの実態を報道しても見えないもの。それは、現場の臭いであり、熱である。今回の機会を得たことは本当に有意義だった。

大量生産・大量消費・大量廃棄

この流れをどこかで転換しなければ!

 

課題が尽きない一日をそれぞれ感慨ひとしおで過ごした5名の検討委員。各区の課長さんたちは職務も多忙な折、検討委員会出席だけで戻られてしまいまいましたが、もしまだ見ていないのだとしたら、是非ご一緒に見て欲しかった・・・・。

まさに 「百聞は一見に如かず」

 

| 清掃・リサイクル |