広域避難所を二分する塀・・・

2011.02.14

 防災対策特別委員会で羽田空港内の広域避難所を視察した。ここは、米軍による48時間強制退去、接収の歴史を踏まえ、災害時の羽田地域の住民の避難場所として指定されてきた.

しかし、羽田空港沖合移転後の跡地であり、滑走路と接しているため、外部からの侵入を防ぐ目的で厳重に施錠されている。しかし、大田区がその鍵を持っていないために、これまで地元から「災害時、これでは避難所の機能を果たさないから対策を」と陳情が出されてきた経緯がある。

 さて、現地に到着してみると、整備場と隣接する避難所には、環状八号線を天空橋の駅近くに延伸したように大変堅剛な塀が新たに作られてしまっていた。そして、避難所を完全に二つに分断していた。

「事前に大田区に通知はなかったのか」と尋ねたところ、なかったとのこと。気が付いた時には塀が完成していた・・・・

 大田区では国に厳重に抗議をしたという。そして、整備場側の避難所に新たに入り口を建設させることにしたと話していたが、事前に何の通知もないことが大田区の置かれている現状を物語っているのではないのだろうか・・・・

振り返ってみれば、かつて国・東京都、そして大田区が交わした「跡地は東京都が取得し、利用計画は大田区の意向を尊重して協議」という内容を踏まえて、一貫した態度で跡地の交渉すべきだった。

それなのに、「跡地購入したいでーす」とアドバルーンを上げてしまった大田区。これでは、跡地購入に税金を投入したくない東京都はどんなに喜んだことだろう。

次々と飛び立つ飛行機を目の前にして、「やっぱり自治体の仕事は、まず、住民の生活に心をくだく地道な仕事をこつこつとこなしていくことだ」と私は思った。

| 環境・街づくり |

待機児解消と施設建設

2011.02.05

 大田区は、毎年増加する待機児解消のために、利用定員を増やしてきたが、保育・子育ての問題は、国・自治体をあげて取り組むべき優先課題です。ただ、増え続ける待機児を解消するために、どんなところにでも建設してもいいとは思いません。やはり、子どもたちが一日10時間も暮らす保育園は、いい環境でありたいものだし、そこで働く保育士の方にも働きやすい環境を提供していきたい。 

 2011年度の待機児がこれから発表されますが、利用枠を拡大してもまだまだ待機児が増えていくことが十分に予想されます。そして、次々と事業者も参入してくることも予測されますが、十分議論して、安心の保育を提供できるようにしていきたいものです。

 さて、私は先日、私立認可保育園の建設現場を訪れましたが、「現場をつぶさに見て、行政に意見を述べることが私たち議員の仕事」と、再認識させられました。委員会での説明や議論と、現場を見たうえでの議論では、目で見て、耳で聞き、五感で感じる違いもあったからです。 

 区立保育園であれば私たちは保育園の建設図面を委員会資料として見てきましたが、私立認可園などであれば委員会でも資料提供はなされません。しかし、区長決定で補助金を交付する施設については、資料を求めて、意見を述べていかなければならないと感じました。 また、既存建物を改築して新たに保育園として活用されるものについては、課題が多くあります。古い建物では、バリアフリー法などの基準を満たしていない建物が多く、保育の環境整備には、多くの対処が求められると思います。

 さて、建築確認申請は、今は区役所外の検査機関でなされるため、施設建設後の検査も区の窓口でなくてもいいのです。東京都の審査も、大田区の審査も、民間の検査を受けて基準が満たされていれば、補助金は交付されるのでしょう。

 しかし、せめて補助金を交付して建設される施設については、大田区の建築審査課の審査を受けるなど決まりを設けて、「補助金も出すが口も出す」ような仕組みを細やかに作っていかなければと思います。

 そして、待機児解消に向けて、子ども育成部だけではなく、経営管理部なども含めて大田区全体のビジョン、施設整備を抜本的に考えなければ、まちづくりは叶いません。 

 「住」とは、「人が主」と書きます。それは、まさに人間の命を守る場所です。それを面で考える時代が、まったなしで押し寄せています。

| 教育・子育て |

武蔵新田商店街のLED街路灯

2011.02.05

 1月30日、武蔵新田商店街では、街路灯をLEDに交換したことを記念してイベントを行い、たくさんの区民でにぎわいました。

写真は、夜に撮影した光景ですが、おしゃれな街路灯と新しい垂れ幕がマッチしとても明るくなり、「むさしにった」の文字が元気に風になびいています。

 実は、東京都で一番長い商店街が武蔵新田商店街だそうです。これには私も驚きました。

 商店会の役員の方々は、このLED導入に当たり、業者さんに説明と、事前に試験的に商店街にLEDを取り付けるなど、入札を行ったのです。「商店街で入札は初めて」とは、業者のかたの感想だそうです。

 補助金を有効に使い、いち早くLED街路灯を設置したため、見学に訪れる方も多いようです。

 昔の鎌倉街道を多摩川のほうへ進んでいけば、650年以上の歳月を経過した新田神社があり、地域のシンボルにもなっています。

 初めてこの地域に住んだとき、同じ苗字の方が多くて驚いた記憶があります。そして、70歳を超えた方々が、子どもの頃と同じように「・・・ちゃん」と互いを呼び合うまちには人情もあふれています。東京にもふるさとが息づいている、そんな街・武蔵新田です。

| 環境・街づくり |