4月29日 「終焉に向かう原子力」現地報告会と講演会 

2011.04.27

 福島原発の事故後、緊張の日々が続きます。

さて、「終焉に向かう原子力」第11回講演が4月29日午後1時から明治大学において開催されます。チェルノブイリ原発事故25周年、そして「東海地震の前に浜岡原発を停止させよう」と活動されてきた現地の報告、そして講演会です。

 特に、福島原発事故後、京都大学原子炉実験所の小出先生が東京で講演されるのは初めてです。今、私たちは何よりも子どもたちの未来に向け脱原発としっかりと向き合い、変えていくときです。

 

 

 

              「終焉に向かう原子力」第11回
   −チェルノブイリ原発事故25周年/東海地震の前に浜岡原発を停止させよう−

 
  【日 時】2011年4月29日(金) 13:00〜17:00(開場12:30)
  【場 所】明治大学アカデミーコモン内 3階アカデミーホール
       JR お茶ノ水駅 徒歩5分、地下鉄新御茶ノ水駅・神保町駅 徒歩5分)
  【内 容】
   1)浜岡原発現地報告 (13:00〜)
       ►伊藤実氏 (「浜岡原発を考える会」代表)
       ►生方卓氏 (明治大学教員)
       ►内藤新吾氏 (日本福音ルーテル掛川・菊川教会牧師)
   2)講演 (14:20〜)
       ►小出裕章氏 (京都大学原子炉実験所)
         「悲惨を極める原子力発電所事故」
       ►広瀬隆氏 (作家、ジャーナリスト)
         「原子炉時限爆弾——年々迫る東海大地震と、浜岡原発の危機」

| お知らせ |

被災地の子どもたちへ絵本を届ける「絵本プロジェクト」

2011.04.02

 東北関東大地震から3週間が過ぎ、被災地の方々は厳しい中で、懸命に生きております。特に、津波を目の当たりにした子どもたちの心の痛手は想像を絶するものがあります。知人から子どもたちと寄り添う「絵本プロジェクト」を広めてほしいと届いきましたので、みなさま、ご協力よろしくお願いいたします。

これは、被災地の子どもたちを心配する声が世界から届いたことをうけて、岩手県の児童図書編集者の末盛千枝子さんが立ち上げた「3.11絵本プロジェクトいわて」です。

「幼児の親たちは、子供との遊びまで時間がまわらない状態で、絵本があれば現地のボランティアが読んで聞かせたり出来るので、有効のようです。」とありました。被災者の方々の心情と衛生面から、ボロボロな状態の本は避ける配慮をお願いしているとのことです。もし、子どもさんが大きくなって使っていない絵本などがございましたらよろしくお願いいたします。

| お知らせ |