科学者・技術者・市民 それぞれの立場から 「原子力を終焉に向かわせるために」

2011.06.27

 「終焉に向かう原子力」第12回講演会が開催され、浜岡の現地報告、そして、科学者、技術者の講演など、本当にいい講演会でした。私たちが地震国・日本の原子力発電の廃炉に向けて真剣に取り組み、早期に答えを出さなければ悲劇は繰り返されてしまう。改めて思った一日でした。

 今回、原発の問題を指摘してこられた原子炉設計者の田中三彦さんの講演が聞くことができました。

 田中さんは、「国も東電も目を向けようとしない原発中枢構造の耐震脆弱性」をテーマに話しをされました。そして原発の安全認識が欠けているとして、3点を指摘していました。

① 地震の揺れで原発の中枢構造が壊れたり、機能喪失した可能性が大きい。

② 津波対策だけでは不十分。全国の原発を即時停止して、原発と耐震安全性という問題を徹底的に見直す必要がある。

③ 国と東電がIAEAに報告した第1原発事故のシュミレーション解析は、①と②を隠すための悪しきシュミレーション解析

 特に説明のなかで印象に残ったことは、原子炉格納容器の圧力の上昇問題です。これを証明しない限り、「東電が何故メルトダウンを認めたか解析されない」と説明してくれました。地震発生後、格納容器の圧力が設計圧力を超えて7気圧と異常に上昇した理由について、いまだ東電は説明していないのです。

 田中さんは、3月23日頃、東電の発表した数値をもとに、「津波ではなく、地震によって配管に破断が生ずるなどの理由で冷却材喪失事故が起きていたのではないか」と分析されておりましたが、政府も東電もこの度IAEAに「メルトダウン」が早い時期に起きていたと報告した理由を、地震による冷却材喪失事故とは認めていません。

それならば、格納容器内の圧力が何故7気圧に上昇したか、東電は説明しなければならないと田中さんは話していました。東電は「津波により電源喪失して急激にメルトダウンした」とあくまでもそこに固執しています。田中さんは、事故後の東電の公表した数値を細かく分析され、図式化し、その上で東電発表ではメルトダウンに時間のずれがあると話していました。田中さんの緻密な分析に、科学者や技術者は事実に謙虚でなければならないのだと、改めて感じました。

 田中さんが指摘されていた「地震によって配管などが破断し、冷却材喪失事故が起きていた」のであれば、地震国・日本の全ての原発の安全性と再稼働が問われ、政府も電力会社も脱原発を歩まなければなりません。

絶対そうしたくないための政府・東電のシュミレーション解析だとしたら、「津波対策さえしっかりやっていれば原発は再稼働できる」という世論が作られてしまいます。

 私たちは、今こそ事実に目を向け、フクシマの事故が日本国民に突き付けた悲しみを二度と繰り返さないため、一人ひとりが声をあげていくしか道はないのだと思う。それが核のゴミ捨て場のように使用済み燃料を持ち込まれた故郷・青森に暮らす人々との連帯でもある。

「浜岡原発を考える会」の伊藤さんが、浜岡原発の軟弱な地盤の石を持ってきて話していました。「浜岡から東京へ来る間に石がこんなに砕けてしまうんです。これのどこが安全といえますか?私たちは浜岡でがんばります。あなた達も東京で輪を広げてくださいね」と。

 放射能に汚染された大地や空や海の影響は、これからが本当に深刻です。放射線衛生学者・木村真三さんの語ったチェルノブイリ原発の事故後、今も続く放射能汚染の影響は、まさにそのことを私たちに示唆していたように思われてならない。木村さんは、今日も福島の人々の声にこたえ、現地で放射能の測定を続けているのです。

 それぞれ生活の場から、地域から、ひとり一人が声をあげていけば原子力の終焉を迎える日がくると思う。いや、来させなくては!

 

| 脱原発・平和 |

大田区が放射線量測定結果を公表しました

2011.06.17

 6月15日、大田区でもようやく放射線量の測定を行い、16日に数値が公表されました。

 大田区は、放射線量の測定にあたり東京工業大学と連携していますが、今後は分析等を寄せてくれることでしょうか。

 さて、地表からの測定地点を3か所に決めているため、測定を継続することで放射線量の比較することができます。本来ならば、都内どの地点の測定においても、例えば大田区と同様の高さを決めて測定すれば、都内測定地図ができるのです。東京都がイニシアチブをとって、各自治体の測定地点を同じにするように働きかけて欲しいものです。

大田区内の放射線量 測定結果
測定日時 天気 測定場所 測定値
100cm 50cm 5cm
6月15日 水曜日 10:00~
10:20
曇り ①東糀谷防災公園 0.10  0.11  0.12 
11:00~
11:15
曇り ②地域庁舎 0.09  0.10  0.11 
13:10~
13:23
曇り ③本蒲田公園 0.08  0.08  0.08 

単位:μSv(マイクロシーベルト)/h(時)

 ちなみに今回の測定値0.08~0.12マイクロシーベルトは、1年間外に居続けた場合として換算すると、0.7ミリシーベルト~1.05ミリシーベルトになります。国際放射線防護委員会の勧告「平常時は年間1ミリシーベルト(=1,000マイクロシーベルト)」です。

放射線量は、少なければ少ないほうがいいと言われています。空気中の放射線量だけではなく、砂場など土と直接触れる機会の多い子ども達のために、土壌の測定をして数値を公表していくことが必要です。

 大田区でも様々な課題が生じた福島原発の放射能汚染。福島の子ども達の置かれている現状がいかに大変なことか。国が責任を持って学びと命の保障をするように働きかけていく責任が、電力を依存して生活をしてきた都会の私たちにはある。

| 環境・街づくり |

大田区にある下水処理施設 空気中から高放射線量

2011.06.09

 5月臨時議会で指摘した南部スラッジプラントの放射能に汚染されていた下水汚泥と焼却灰。その下水処理施設内の空気中から、毎時約2・7マイクロ・シーベルトの放射線量が検出されていたという。これは福島県の飯館村と同程度の放射線量だったという。そこで仕事をしていた方々の安全対策も含めて深刻な事態である。

 3月26日、この下水汚泥から10万ベクレルの放射能が検出されていた時も、東京都は施設がある大田区に対し報告していなかった。1年に2度ほどの通常の測定では、1ベクレル/kg以下で「検出されず」という状況だったのだから、いかにレベル7という福島原発事故の影響が大きいかを数値は教えている。

 それなのに東京都は「誤解を招く恐れがある」として、公表していなかった。しかし、もしこの放射線量で一年推移すれば、年間積算量が20ミリ・シーベルトを上回り、計画的避難区域と同様になってしまう。

 目に見えない放射能汚染!しかし、水の再生の仕組みの中で、放射能がまぎれもなく下水汚泥から検出され、空気中からも測定されている。何よりも子どもたちの健康を考え、そしてそこで働いている方々の健康を守るために東京都は早く公表し、対処すべきであった。

 200キロも離れている大田区でさえこの状況だ。福島の子ども達はどんなに辛いことだろうか。

 9日から第2回定例区議会がはじまる。子どもたちの健康と安全を第一に考えていきたい。

| 環境・街づくり |

大田区も放射線量測定へ

2011.06.07

 大田区もようやく放射線量測定に取り組むと発表しました!

「より身近なところでの放射線量の状況を区民に提供していく必要があると考えた」とのことで、東京工業大学との連携協力のなかで実施するそうです。 

1.東京工業大学・原子炉工学研究所内に設置してあるモニタリングポストの測定データ提供をうけて、区のホームページで公表。
2.区独自に大気中の放射線量を測定し、区のホームページで公表。
 測定場所・・・当面、区内3か所(大森地域庁舎、本蒲田公園、東糀谷防災公園)
 開始時期・・・6月中旬予定で準備中。
 測定・・・・・・・週1回程度の予定。
 測定方法・・・原子炉工学研究所から方法・結果の評価についての学術的な支援を受ける。
 
3.放射線の正しい知識を提供
 東京工業大学の放射線に関する研究者の協力により、放射線に関する正しい知識習得の機会を設ける。
 

 さて、大田区内には東京都の森ケ崎水再生センター、そして下水汚泥の焼却施設である南部スラッジプラントがあります。
 福島原発事故後の3月26日には、この施設の下水汚泥から10万ベクレルの放射性物質が検出されていました。一年に2度ほど実施される通常の検査では「放射性物質は検出されない」のです。

 都内で最も高い数値を示したのが板橋区にある新河岸水再生センターの17万ベクレルだったのです。 この下水汚泥は焼却されますが、高濃度の放射能を含んでいたのです。灰の一部は中央防波堤埋立処分上に混練りして埋立られ、残りは販売されていたようです。

 森ケ崎水再生センターから排出される下水汚泥は、1時間1800トン、日量43200トンにのぼり、それを焼却している南部スラッジプラントだけで日量39トンもの焼却灰が出ているのです。

 私は、大田区内にある施設から放射性物質がでたことを重く受け止め、議会で質問をいたしました。区民の声にこたえるために大田区が放射能の測定を実施し、数値を公表することも要望してきました。

 それにしても東京都は、これらの施設がある自治体には、放射性物質が測定されたことなどすぐに報告すべきです。そして、各自治体と連携しながら区民や市民の心配や不安の声にこたえてほしいものです。

 子どもや区民の命と寄り添うために、自治体の責任は重いものです。 

 それにしても政府は、国民を守ることを第一にしているのでしょうか。

 

| 環境・街づくり |

第12回「終焉に向かう原子力」講演会のお知らせ

2011.06.02

 皆様にお知らせです。 6月26日、「終焉に向かう原子力」第12回講演会が日比谷公会堂で開催されます。今回は、先般NHK・ETV特集「放射能汚染地図」に出演された木村真三氏、元原子炉設計技術者の田中三彦氏の講演がございます。

「終焉に向かう原子力」第12回
►福島第一原発はどうなるのか
►放射能汚染はどこまで拡大するのか
      「浜岡原発を廃炉にさせよう」
 
浜岡原発現地報告Ⅱ―停止から廃炉へ  
■ 伊藤実氏 (「浜岡原発を考える会」代表)
■ 白鳥良香氏 (「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」代表)
■ 内藤新吾氏 (「地震で原発だいじょうぶ?会」共同代表)
 
講  演 
■ 木村真三氏 (放射線衛生学者、NHK・ETV特集「放射能汚染地図」出演)
   「福島第一原発事故による放射能汚染調査」   
             

 

 
■ 田中三彦氏 (元原子炉設計技術者、サイエンスライター)

 
   「福島第一原発事故はけっして “想定外”ではない」

 

 

 

            

 
日時: 2011年6月26日(日) 13:30~18:00 (開場13:00)

 
場所: 日比谷公会堂 (地下鉄日比谷駅徒歩3分、霞ヶ関駅徒歩3分)
参加費: 1000円 (先着順・2000人)  [12:00から整理券を配ります]
主催: 「終焉に向かう原子力」実行委員会       
     浜岡アクション (東海地震の前に浜岡原発を廃炉にさせよう首都圏アクション)

 
| お知らせ |