9.19 「さよなら原発1000万人アクション」

2011.09.19

9月19日、明治公園。主催者から「参加者六万人!」と発表。夕暮れの東京に市民の声と、長いデモ行進の列が続きました。原発いらない!と心を一つに!

 9月16日、鎌田慧さんが大田区の産業プラザで原発に反対する講演会で、確信に満ちた言葉で9月19日の集会に多くが集うと話していたが、その言葉通り全国から明治公園に集ってきました。

「子どもを守ろう!」

「原発止めよう!」

と、高らかに、そして「もう二度と原発はいやだ」という思いが一つになって歩き続けました。

今回のデモは、「原発を止めよう!」というその一念が、様々な団体がこれまでのいささかの違いを超えて一つになった、貴重な一歩だと思います。

作家・大江健三郎さんが語っていました。「私らになにができるか。私らには、この民主主義の集会、市民のデモしかないんです」と。作家である大江さんが、「市民のデモしかない」と話されたことは、非常に重い意味込められています。デモは堂々と整然と行われました。 

歩く道々、私も多くの知人に出会い励ましをもらいました。

 この日のデモには、子ども連れの若いお母さんなど、たくさん参加していました。そして、若者も大勢参加していたのが本当に嬉しかった。福島から、新潟から、広島から、沖縄から、日本中から来たのです。

この灯を絶やさず、日本から原発をなくしていきましょう。

| 脱原発・平和 |