世田谷清掃工場でアスベストが初めて検出される!

2012.07.26

世田谷清掃工場からアスベストが検出された。1号炉から排ガス1リットル当たり0.64本、2号炉から0.13本。
排ガスからアスベストが検出されたのは初めてのことだそうですが、何故このような事態になったのでしょうか。

世田谷清掃工場は連続運転式ガス化溶融炉で、問題を抱える炉として開設前から指摘されていたのですが、案の定、故障が相次いだのです。

今回、工場では6月から女川町の災害廃棄物を受け入れていました。6月11日から16日に46.16トン、18日から23日71.37トンを処理し、排ガス測定は6月18日と20日に実施されていたのです。東京2区清掃一部事務組合では因果関係については不明としているようですが、アスベストの危険性については、現場で働く職員はじめ、周辺環境への調査など十分行っているのでしょうか。清掃一組は、周辺環境への影響はないとしているようですが、そうでしょうか。これまで検出されたことがなかったアスベストが検出されたこと自体が問題ではないでしょうか。

また、7月12日には千歳清掃工場で排ガス中の水銀濃度が自己規制値0.05mg/㎥Nを超え、0.098の濃度だったため焼却炉を停止していましたが、23日、ようやく再開されました。

水銀問題を私も取り上げてきましたが、これは、各区の指導に関わる問題です。ごみの収集については、各区事項として権限が委譲されたのですから、各区が責任を不適正搬入の防止に向けて指導しなければなりません。

アスベストにしろ水銀にしろ清掃工場での規制値がないことが問題であり、今後の法整備は喫緊の課題です。

| 清掃・リサイクル |

終焉に向かう原子力「国会事故調委員・調査員が語る福島原発事故の真相」

2012.07.19

講演会「1号機は津波前に壊れていた」

国会事故調委員・調査員が語る福島原発事故の真相

■伊藤良徳氏「非常用電源は津波前に停止した」

■田中三彦氏「津波前に重要配管が損傷した」

日時: 2012年8月5日(日)  18:15~21:00 (開場18:00)

場所: 文京区民センター3A会議室

(地下鉄春日駅A2出口1分)

講師: 伊藤良徳氏 (国会事故調調査員、弁護士)

田中三彦氏 (国会事故調委員、科学ジャーナリスト)

参加費: 1000円 (当日先着順・450人)

主催: 「終焉に向かう原子力」実行委員会

問合せ先: TEL/FAX  03-3739-1368  携帯 090-9137-2437

E-mail  shuuen@eagle.ocn.ne.jp

blog  http://shuennimukau.blog.fc2.com/

 

| 脱原発・平和 |

さよなら原発大集会 17万人の参加者!

2012.07.19

さよなら原発1000万人アクションは、主催者発表17万人の参加者で代々木公園は埋め尽くされました。集会後のデモもなかなか前へ進まず、17万人よりも多いのではないかと感じたほどでしたが、何故か警察発表は7万5千ですか?この落差は一体どこから来るのでしょうか。

それにしてもみんな元気いっぱい。暑さをものともせずに「原発はいらない!」と声を掛け合い歩き続けました。みんなが共通の友人のように歩いた一日でした。

福島原発事故のあと、事故の検証も原発の安全性も無視して大飯原発を再稼働させた政府。これは「屈辱である」と大江健三郎さんは述べていましたが、福島の人々の生活、国民の生活も政府は最優先にしていません。

福島から参加した武藤類子さんは「みんなで団結していこう」と語りかけていましたが、まさにその通りです。

また、参加したい思いはあっても様々な事情で参加できなかった方もおいでになりますが、それぞれの地から連帯の思いが届けられています。

広瀬隆さんが「みんなで脱原発を広めてほしい」と立ち上げた「正しい報道ヘリの会」の写真を使わせていただきます。

【提供:正しい報道ヘリの会】

ここからが始まりです。この流れを絶やすことなく、原発を廃炉に!

 

| 脱原発・平和 |