原発は廃炉に!

2013.03.10

東日本大震災から丸2年。復興が一向におぼつかないが、月日だけは過ぎていく。
3月9日、毎日新聞に「福島第1原発事故の緊急放射線モニタリングのデータを昨年9月に消去していた」と掲載されていて「またか」と原発を巡る実態に呆れてしまった。

震災の翌日、3月12日午前5時ごろから、福島県は大熊中学校の避難所に可搬型測定器を設置して緊急時放射線モニタリングを行っていたという。ところが測定器を回収した9月にデータを消去していたというのだ。

1号機原子炉が水素爆発したときには作動しており、避難所にいた約100人の方々への影響など、明確な数値がわかるはずだった。
こうして事実がどんどん闇に葬られる。

震災から2年が経過し、福島の小中学生は、原発事故で長引く避難所暮らし、落ち着かない生活などで「学習の遅れが深刻」と調査結果が発表された。単身赴任で子どもと接する時間が取れない家庭も多いという。
その上、子どもたちは放射能という見えない恐怖による健康への心配も尽きない。
何故国は、子ども達を安全なところに避難させないのか。放射能の心配をしなくても家族が一緒に暮らせる地域を確保しなければならないだろうに、解決を先送りにしている。そして「除染したから安心」と帰村させようとしている。「30年は帰れない」と語っていた前双葉町長は真実を語っていたと私は思う。だから住民を埼玉県に避難させたのだ。

人口2300万の台湾では、原発建設反対のデモに推計20万人が参加したという。
原発を推進してきた自民党の首相が、安全神話が崩れても原発再稼働と叫ぶ。
この国の未来は本当に暗い。

それでもみんなで「原発廃炉」をめざして行こう!

| 脱原発・平和 |

大田区に異議申し立て! 認可保育所に入所を!

2013.03.10

3月7日、大田区の2013年度の認可保育所入所第1次選考に漏れた母親や父親が、区に対して異議申し立てを行いました。第1選考では、3546人の申し込みに対して2241人が内定しただけであり、4月職場復帰を目指しているが、このままでは復帰もおぼつかないと困り果てて異議申し立てにかけつけたのです。

大田区ではこの間、「大田区保育サービス基盤拡充のための3か年プラン」を掲げ、2011年度から3か年で1000人の保育サービス定員増を進め待機児解消に向けて取り組んできましたが、まだまだ待機児解消には至っていません。
今年も昨年と比較して、待機児は200名程度増えています。

保護者から保育の申し込みがあれば自治体が対応しなければならないことは保育福祉法で定められ、当然のことですが、東京都、そして国を挙げて、この問題の解決に向けて取り組まなければなりません。

一方で、地方へ行けば保育所の定員を減らしているところが増えてきている。
昨日も故郷で保育園園長をしている方から「60名定員のところを50名に減らした。田舎に若者がいなくなっていることは、非常に困った問題だ。やがて農村が壊れていく。日本の農業はどうなるのだろう。」と悲痛な声を上げていた。保育園の裏で無農薬野菜を育て、自家栽培の野菜が園児に提供される。そして、送迎も行っている。そこまでしなければ園児が集まらないと話していた。
地方では若者に仕事がなく、しかも低賃金のため、都会に集中してきた。だが、経済や社会のひずみは、懸命に働く若い世帯に負担を強いている。

今年の入園のポイントを見ても22点で一次選考から漏れた地域もある。調布地域のように認可保育園がなかなか建設できずにきた地域では特に大変だ。

少子高齢化の言葉と裏腹に、子どもを産み育てている若い世帯に安心の自治体でなければ、若者は住み続けられない。

 

 

 

 

 

 

| 教育・子育て |