大田区も放射線量測定へ

2011.06.07

 大田区もようやく放射線量測定に取り組むと発表しました!

「より身近なところでの放射線量の状況を区民に提供していく必要があると考えた」とのことで、東京工業大学との連携協力のなかで実施するそうです。 

1.東京工業大学・原子炉工学研究所内に設置してあるモニタリングポストの測定データ提供をうけて、区のホームページで公表。
2.区独自に大気中の放射線量を測定し、区のホームページで公表。
 測定場所・・・当面、区内3か所(大森地域庁舎、本蒲田公園、東糀谷防災公園)
 開始時期・・・6月中旬予定で準備中。
 測定・・・・・・・週1回程度の予定。
 測定方法・・・原子炉工学研究所から方法・結果の評価についての学術的な支援を受ける。
 
3.放射線の正しい知識を提供
 東京工業大学の放射線に関する研究者の協力により、放射線に関する正しい知識習得の機会を設ける。
 

 さて、大田区内には東京都の森ケ崎水再生センター、そして下水汚泥の焼却施設である南部スラッジプラントがあります。
 福島原発事故後の3月26日には、この施設の下水汚泥から10万ベクレルの放射性物質が検出されていました。一年に2度ほど実施される通常の検査では「放射性物質は検出されない」のです。

 都内で最も高い数値を示したのが板橋区にある新河岸水再生センターの17万ベクレルだったのです。 この下水汚泥は焼却されますが、高濃度の放射能を含んでいたのです。灰の一部は中央防波堤埋立処分上に混練りして埋立られ、残りは販売されていたようです。

 森ケ崎水再生センターから排出される下水汚泥は、1時間1800トン、日量43200トンにのぼり、それを焼却している南部スラッジプラントだけで日量39トンもの焼却灰が出ているのです。

 私は、大田区内にある施設から放射性物質がでたことを重く受け止め、議会で質問をいたしました。区民の声にこたえるために大田区が放射能の測定を実施し、数値を公表することも要望してきました。

 それにしても東京都は、これらの施設がある自治体には、放射性物質が測定されたことなどすぐに報告すべきです。そして、各自治体と連携しながら区民や市民の心配や不安の声にこたえてほしいものです。

 子どもや区民の命と寄り添うために、自治体の責任は重いものです。 

 それにしても政府は、国民を守ることを第一にしているのでしょうか。

 

| 環境・街づくり |