第12回「終焉に向かう原子力」講演会のお知らせ

2011.06.02

 皆様にお知らせです。 6月26日、「終焉に向かう原子力」第12回講演会が日比谷公会堂で開催されます。今回は、先般NHK・ETV特集「放射能汚染地図」に出演された木村真三氏、元原子炉設計技術者の田中三彦氏の講演がございます。

「終焉に向かう原子力」第12回
►福島第一原発はどうなるのか
►放射能汚染はどこまで拡大するのか
      「浜岡原発を廃炉にさせよう」
 
浜岡原発現地報告Ⅱ―停止から廃炉へ  
■ 伊藤実氏 (「浜岡原発を考える会」代表)
■ 白鳥良香氏 (「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」代表)
■ 内藤新吾氏 (「地震で原発だいじょうぶ?会」共同代表)
 
講  演 
■ 木村真三氏 (放射線衛生学者、NHK・ETV特集「放射能汚染地図」出演)
   「福島第一原発事故による放射能汚染調査」   
             

 

 
■ 田中三彦氏 (元原子炉設計技術者、サイエンスライター)

 
   「福島第一原発事故はけっして “想定外”ではない」

 

 

 

            

 
日時: 2011年6月26日(日) 13:30~18:00 (開場13:00)

 
場所: 日比谷公会堂 (地下鉄日比谷駅徒歩3分、霞ヶ関駅徒歩3分)
参加費: 1000円 (先着順・2000人)  [12:00から整理券を配ります]
主催: 「終焉に向かう原子力」実行委員会       
     浜岡アクション (東海地震の前に浜岡原発を廃炉にさせよう首都圏アクション)

 
| お知らせ |