下北沢あおぞらマルシェ 被災地復興支援に参加

2012.05.01

穏やかな4月の日和に恵まれた30日、下北沢で被災地復興支援の「下北沢あおぞらマルシェ」が開催された。場所を提供してくれたカトリック世田谷教会は、豊かな庭園と、緑の森の雰囲気が漂う800坪の広大な敷地の中にあり、都会とは思えない静けさに包まれていた。出店ブースには、スローフードや無農薬・減農薬などの野菜や食材、そして、天然由来の品々などが並べられ、沖縄の歌舞を演じる「月桃の花歌舞団」の踊りやギター演奏など、のどかな時間が流れていた。

特に被災地復興支援のため、福島県や、避難先の大分県で農業を始めた若者などの農産物が並べられ、世田谷だけではなく千葉県など遠方からも駆け付けてくださった方などもおいでになり横のつながりを大切にした企画は新たな輪を作り出していた。

主催者はNPO  Agri-Connections。和気優さんというロックシンガーが呼びかけて実現した企画に、世田谷区産業公社が後援し保坂区長も参加していました。世田谷区はエネルギー政策において既にPPS電力の購入や、太陽光パネルでの電力供給など他区より一歩先を歩いている様子です。

福島県産野菜の放射能測定でこの企画に関わらせていただいた私ですが、企画から準備、そして宣伝と多くの若者がスタッフとして生き生きと活躍している姿を垣間見ることができたことが嬉しかったです。

福島県須賀川のおいしいきゅうりの漬物は道行く買い物客も歩きながらつまめる一品。南会津からは珍しいアスパラや納豆、そして金子牧場のほおずきアイスくりーム。アスナロ農場も減農薬野菜やゼリーを、南の大分県湯布院からは久留米絣も出展されていました。また、28日に引き続き、大間原発に反対している「あさこはうす」の小笠原さんも参加して、大間産天然わかめなど販売してくれました。和気さんの農民カフェからは無農薬素材のランチが好評でした。ワンコインんカレー、そして手作りパンなど、みなさん趣向を凝らしたブースは、スタッフもゆっくりと楽しめました。

また、ソーラーパネル発電で電動ミシンを動かし作品を作っていましたが、まだまだたくさんの出店者がおいでになりました。

下北沢という土地柄は文化の香りがする街ですが、その中心街の一角にある教会をお借りしてのイベントが世田谷では開催できるのだなと感心し、大田区でもこうした企画を多方面の方々と共催したいと思いました。勿論、本門寺の朝市など地域に根差した取り組みは続けられていますが、地域の風物詩のようにあちこちで継続できることが大切だなあと思います。

 

教会の敷地から下を見下ろしながら、福島などの被災地に穏やかな日常生活が何より必要だと、そのためにも自分のできるところで活動を続けていきたいと感じた一日でした。

 

 

| 脱原発・平和 |