ろう重複障害者生活就労施設            「たましろの郷」を訪ねて

2012.04.11

今日は、青梅市にある「たましろの郷」を訪ねました。たましろの郷は、社会福祉法人・東京聴覚障害者福祉事業協会が運営する「ろう重複障害者生活就労施設」です。障害を持つ子どもたちが親亡き後も生きていけるようにと、親自ら立ち上がり募金を募り建設したのです。必ずしも自分の子どもが入所できるとは限らないのですが、同じような境遇の子どもたちが入所できればと、親たちはこの施設を作り上げたそうです。
現在、入所授産施設30名、通所授産施設20名、短期入所5名で運営していますが、同様の施設が全国に5か所しかないため、入所したいと待ち続けている状態だそうです。

聴覚障害者は手話通釈者を介してコミュニケーションをとっていますが、生活すべてにおいて情報を知る手立てとして手話通釈者が活用できる仕組みが、社会本来の在り方です。
しかし、日本においては障害者のこうした権利が十分に保障されているとは言えないのです。

今回、たましろの郷を訪問したのは、昨年の改選時に手話通訳者をお願いした議員。他の仕事で参加できなかった議員もいたのですが、聴覚障害の方や手話通訳者や、そして参政権保障委員会の方々など11名でお話を伺いました。まず施設内を案内していただいたのち、昼食をとりましたが、そのあと1時半までの時間を入所者と懇談しました。重複障害者であっても手話を使いこなし、コミュニケーションをとって生活ができる。話したいことがたくさんあるとばかりに自分の生い立ちを語ってくれた女性がいました。聾学校で学んできた楽しさを語る姿は、とても生き生きしていました。

施設長の花田さんが話してくれたことばが心に残りました。
「一番の力は、仲間・集団です。一緒に生活することのいい部分というのは、手話で語り合うことで互いを刺激しあい、語りあうことです。」
多くの仲間たちと生活を共にし、掃除やお菓子作りなどの仕事をしていますが、時には喧嘩することがあっても、手話を通して自分の気持ちを伝える。ここが生活の場です。

国は、障害者自立支援法ではなく総合福祉法の制定を約束したはずが、結局「改正・自立支援法」でお茶を濁しました。「地域でともに生活すること」をめざしているといいながら、施設を出て地域での生活をしたいと願っても「受け皿」がないのです。仕事がしたいといえば「住所がなければだめ」と言われ、「部屋を借りたい」といえば「仕事がない人に貸せない」とたらいまわしで、結局亡くなった方もいたというのです。

大田区は障害者総合サポートセンターを建設の予定ですが、施設があればいいのではなく、そこが十分に機能するかどうか、どんな運営方針で臨むのかが大事です。
声を発して助けを呼ぶことのできない聴覚障害の入所者に、困った時、災害の時、助けを呼ぶ手立てを具体的に教えなければ命に関わると語っていた、たましろの郷・施設長の花田さん。中途失聴の後、今では全く聞こえなくなったという花田さんの入所者を思う気持ちが伝わりました。わかりやすく、暖かく入所者と生き続けているのです。

| 福祉・医療 |