難病医療費助成制度の対象を拡大します

2015.01.29

難病医療費助成制度の対象が拡大されます。

2015年1月1日から「難病の患者に対する医療等に関する法律」が施行され、大田区心身障害者福祉手当の対象難病が拡大されました。治療法が確定されていない、或いは長期療養が必要などで認定されている難病は1月時点で110種類を数え、更に東京都が独自に助成している疾病もあります。これらの難病で助成を受けている方は、心身障害者福祉手当を受給できる場合がありますので、大田区にお問い合わせください。担当は、大田区各地域福祉課です。

 

国の難病指定を得ていない疾病の中には、都道府県独自に助成している疾病があります。どこに住んでいるかによって医療費の助成が異なるなど、今後の課題ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 福祉・医療 |