神田さんと共に

2019.04.05

神田順さんと集会で共に語らいました。

神田さんは大学教授をお辞めになったあと、東日本大震災の復興のため釜石市で「唐丹小白浜まちづくりセンター」を立ち上げ尽力されてきました。建築が専門のため、とても大きな視点でまちづくりを考え提案しています。

「新時代!あなたと決める、まちづくり」
区民と語り合い、区民参加型のまちづくりを進めたいと、自治体本来の仕事、あり方を問いかけています。

私は昨年末の議会で区長が再び4期目に挑戦するため、「3期12年」という自らの公約で決めた在任期間の条例を廃止することに反対しました。誰が主張したのではない、自らが3期12年で区長を辞めると述べて、前区長の多選の弊害を述べておられたのです。そしてご自分で条例を作ったのです。
首長を選ぶのは選挙権を有する区民であり、条例で任期を決めるなど考えられないことだったので、2007年にも反対しましたが、それを簡単に廃止するなど、条例は区長個人のものではないのです。

こういう経過のなかで神田さんは大田区長候補という大きな決断をしてくれました。
新しい大田区を築いていきたい。

 

 

| 未分類 |