やぐちのわたし水辺の楽校が始まります!

2019.06.01

5月25日、多摩川小学校でやぐちのわたし水辺の楽校の開校式が行われました。

まず地元・古市町会の小宮さんが、子ども時代の多摩川について語ってくれました。
海水浴をしていた子ども時代、高度成長期で台所の汚水により多摩川が洗剤で汚染された時代。そして、再び川がよみがえってきた現在など、88年の人生と共に歩んできた多摩川への思いを熱く語っていました。
川が生活と密接に関わっていたことがよくわかりました。

郷土資料館の学芸員からは多摩川が内陸も流れていたと思われる絵図についてお話がありました。
それは地元の新田神社に残されている新田大明神の絵図に描かれ、神社のすぐ後ろを川が流れているとお話されていました。
地元の方から、昔は神社の下にせせらぎが流れていたと聞いたことを思い出し、一枚の絵図から学ぶ歴史の大切さを学びました。

そして、うのき水辺の楽校事務局長が、どんな活動をしているか話してくれました。うのき水辺の楽校では、なんと写真入り、解説付きの「多摩川生き物図鑑」を作成するほどの活動を続けていたのです。全て水辺の楽校でみつけた多摩川の生き物たち。
何と豊かな川でしょう!
この図鑑は昨年度の大田地域力応援基金助成事業をもとに作成したそうです。ライフジャケットをつけて川で生き物を採取し、名前も調べるなど、生きた理科の学びが息づいています。

川は危険な場所もあり、子どもは必ず大人と一緒に、そしてライフジャケットを付けていることが基本ですが、多摩川が流れる各自治体で暮らす子どもたちの学びと豊かな感性を育む水辺の楽校に感謝です。

矢口の岸辺は深いため、残念ながら川に入ることはできないそうですが、少し上流の鵜の木で一緒に川に入りましょうと呼びかけてくれました。
大人も子どもも共に自然にかえる時間を過ごしたいものです。

水辺の楽校について質問で取り上げたのは、2011年2月の議会でした。大田区を除く多摩川流域自治体は参加していましたが、大田区は参加していなかったため、子ども達が多摩川の自然と共に学び合ってほしいと願い質問しました。
川崎の知人から様々アドバイスをいただき、大師河原干潟館を訪ねるなど調査したことを思い出します。
多摩川の豊かさと、時には自然の厳しさなど、川と触れ合うなかで自然と共に生きる子ども時代を過ごして欲しいものです。

 

今から

| 未分類 |