防災特別委員会の視察を終え

2016.12.22

防災対策特別委員会の視察で浜松市を訪れた。担当職員の説明の冒頭、大田区の防災について私たちがどの程度知っているかテスト質問が!
冒頭から緊張感のある視察だった。

さて、海沿いの自治体、しかも南海トラフ地震の範囲になっている浜松市は、市内のあちこちに高さを確保した避難場所を設置。廃校になった校庭には、螺旋状に登りながら避難できる土盛りをしていた。普段は子どもたちが遊んで楽しんでいる場所なので、いざとなったらここへ逃げるんだなと日常生活のなかで理解できる。大切なことだと感じた。
大田区は東京湾北部地震において、津波の影響はさほど大きくないが、火災による延焼が懸念されている。地域により想定される被害は様々だが、せめて7日分の食料を確保と力説していた。

もう一ヶ所は愛知県春日井市。
子どもや高齢者に対する安全対策に力をいれ、多数のボランティアを養成している。彼等が地域の要で活動しているという。

春日井市は車の盗難が非常に多く、年間300台を越えるときもあったという。最近、音の静かな車が販売されているが、それが盗難の標的になっているという。

さて、私は伊勢湾台風で被害を受けた名古屋市の防災センターを視察してきた。

丁度、阪神淡路大震災から熊本地震までの展示をしていた。

また、昭和34年の伊勢湾台風の時代そのままの家屋で、台風被害の様子を3Dで再現していたが、いかに被害が大きかったことか。

名古屋では防災について学ぶため、三種類の手拭いをつくっていた。これは、手拭いとして使うだけではなく、災害時の対応含め役立つ内容が印刷され、一石二鳥。

防災の委員だけではなく、職員とも共有しなければと帰途についた。

| 未分類 |

おおた子どもの生活応援プランにご意見を!

2016.12.18

早いもので、2016年も終わろうとしています。私は第四回区議会を終えました。

そして、定例の報告会も終了したところです。

さて、大田区では、おおた子どもの生活応援プラン素案が公表され、区民説明会が始まります。子どもの貧困対策に関する計画について区民の皆様のご意見をよろしくお願いいたします。

政府も子どもの貧困調査結果をまとめたと発表しましたが、食料を購入できなかった世帯もあるなか、こどもの教育にしっかり取り組む前提として、生活の安定がいかに大事かと痛感する毎日です。

子どもの今、そして未来を共に支え会うために声を届けて行きましょう。

大田区のパブリックコメント募集期間は、12月20日から、来年1月13日です。計画素案は、ホームページや区役所の子ども関係施設や図書館などで閲覧できます。

 

| 未分類 |

食の安全が担保される市場を!

2016.10.21

野末誠さんという築地市場マグロ仲卸業者の方がおいでになります。野末さんは「NPO法人市場を考える会」の理事として豊洲移転問題を指摘してきた方であり、かつて私も野末さんの話を聞き豊洲移転がいかに問題か知りました。しかし、この間、足を運んでこなかったなと思い、改めて中央区議の小坂さんにお話を聞きました。小坂さんは一貫して豊洲移転に反対し、築地再生を訴え活動してきました。豊洲の問題はとてつもなく大きな問題だと強く感じました。

1998年 東京ガスと東京都が市場立地協議を開始し、その翌年に石原都政がスタート。築地を視察した知事はその後「移転候補地は豊洲」と表明。 2011年3月には基本設計業務契約が取り交わされ、同年10月に実施設計業務契約に石原都知事の押印。しかし、土壌汚染対策法に基づき提言された盛土が行われていなかったのですから、環境アセスの前提が崩れる大問題です。環境アセスメントでは都民の意見を聞く会を開催しますが、その前提は盛土ありの説明だったそうです。そして2016年9月に開場延期が小池都知事によって決断。

問題が次々発覚し「卸売市場法」及び「卸売市場整備方針」に適合しない豊洲は、「前提が崩れているのだから卸売市場として認可されない」のが当然ではないでしょうか。
また、2年間のモニタリング検査結果で、つい先般汚染が検出されましたが、生鮮食料品を取り扱う卸売市場用地は、厳しい審査を経て認可されるのであり、認可権限を持つ農林水産省の判断が重要です。

1993年5月、築地市場再整備起工祝賀会が行われたそうです。その席上、当時の鈴木都知事は、「私はさすがに世界の築地と言われるような、都民の皆様のご期待に応えられる卸売市場づくりに全力で取り組んでまいります。」と述べ、総工費3000億円、工期12年の計画で1991年から着工していたそうです。特別会計から1000億円と神田市場売却による2000億円を原資とした計画は、1996年に突如中止。この間、380億円は既に支出していたというのだから驚くばかりです。

一体、どこで、どんな理由で中止になったのか。
豊洲移転問題は、歴史をたどらなければ見えない。
私も都民の一人として、豊洲の問題をうやむやにさせてはいけないと強く感じた学習会でした。

dsc06386-1

 

 

| 未分類 |

児童虐待10万を超える日本!から

2016.08.05

全国の児童相談所の児童虐待対応件数が
2015年度10万件を超えたと発表された。

議員になり虐待の問題や里親の普及を訴えてきたが、日本は本当に深刻な社会になってしまった。
核家族化で相談できる相手も見つけられないまま子どもに暴力を振るう母親や、父親から母親への暴力を見て心理的虐待に陥る子どもなど、複雑な問題が山積みである。
虐待の兆候もつかめないまま殺されてしまった大田区内の三歳児のような事件を防ぐため、地域の繋がりもとても大切です。

私の友人は研修を積み、今では里親として女の子を育てている。親に大切にされずに育ってきた子ども達は、最初は大人を試すが、里親に愛されていると実感できるようになると、少しずつ落ち着きを取り戻し子どもらしい笑顔を見せる。時々会うとその変化を強く感じる。

10万を超える子ども達への虐待は、通報などにより発覚した数にすぎず、全容が把握されているとは言えない。
現在、28000人の子ども達が児童養護施設で生活しているという。
今年、大磯のエリザベスサンダースホームを訪れた。敗戦後に私邸を解放して子ども達を育ててきた日本を代表する児童養護施設では、家庭的な繋がりのなか、職員と親子のように暮らす子ども達に会ってきた。溢れるばかりの自然に囲まれた中で、伸び伸びと遊べる環境もまた、子ども達の成長を和ませている。

現在全国的な課題は、高校卒業後の居場所や支援である。大田区内にも施設を作り子ども達を支えているNPOがあるが、まだまだ不足している。

少子化と言われる日本でこんなにも多くの子ども達が虐待されている現実に対処するため、児童相談所の機能が大田区にも移管される。準備が整い次第、大田区が権限を持ち対応していかなければならない。

子どもは誰もが大切にされていると実感できたとき、自己肯定感も生まれ希望が見えてくる。そんな社会、子ども達が幸せに暮らせる社会は、弱者が安心して生きていける社会だ。

| 未分類 |

わかばの家夏祭りです❗

2016.07.24

わかばの家の夏祭りは、お天気にも恵まれ地元の応援も受け楽しく行われました。

大勢の子どもたちとお父さん、お母さん、そして、祖父母など地域の方々も見えていました。

子どもたちが思う存分遊び、学べる場所が区内あちこちにあることで、横の繋がりが見えてきます。毎年わかばの家の夏祭りに参加させていただき、その子どもにあった療育の大切さを教えてもらいました。

それと共に地域の各学校で、たくさんの友達と過ごす子ども時代もまた大切です。

障害児も普通学級で一緒に学びあえる教育をめざしてきましたが、それぞれの個性をお互いに学びあうことが、人への優しさを育てることにつながります。

そして、子どもが書いた絵葉書には、感性があふれています。その子のもつ能力を引き出せる教育がどんなに大切かと教えてくださいぐれる絵です。

 

 

 

| 未分類 |

沖縄の声を聞こう!

2016.07.24

先に行われた参議院選挙において、沖縄県の民意は辺野古への基地移設に反対する民意が示された。伊波さんが圧倒的な差をつけて当選した。

しかし、政府は高江のやんばるの森にヘリコプター離着陸帯ヘリパットの移設工事を再開したのです。沖縄県や地域住民に十分な説明がないまま再開したことに県が抗議したそうですが、地域の人々は「豊かな自然を次の世代に残したい」と静かに暮らすことを願っているだけなのに、何故かくも強引に工事再開なのでしょうか。選挙で示された民意をどうとらえているのでしょうか。

更に辺野古については県の対応に違法性があるとして、国が提訴するというのです。同時に陸上工事の再開!

折しもキャンプ・シュワブワブ内の辺野古崎の突端付近で遺跡が発見され、琉球王国時代の貴重なてがかりと言われ文化財保護法に基づき認定されたばかりなのです。名護市教育委員会による本格的な調査は当然のことであり、政府は強引な工事再開や提訴など踏み切るべきではないのです。騒音や危険が隣り合う地域での生活が何故戦後も続かなければならないのか。ごく当たり前の声を政府は重く受け止めてほしい。

321 1

 

 

 

| 未分類 |

海の森

2016.07.24

期間限定で公開された海の森。

東京湾は、高度経済成長と共に埋立てが進められてきた。
23区から出される膨大なごみと、建設残土で埋立てられた中央防波堤内側処分場もその一つである。
この高さは30メートルに及ぶ埋立て地を、都民が憩える森にしようと取り組まれたのが海の森プロジェクト。
この間、多くの市民が参加して植樹が続けられてきた。
小さな苗木が成長し、やがて森へと姿を変えていく。将来約88ヘクタールの海の森になる予定です。

先日議会で視察。
海を隔て大田区が見えました。
風力発電もありましたが、数は多くありません。
風を感じ、原発に頼らないエネルギーで暮らせる大切さを多くの人々と分かち合いたい。

| 未分類 |

保育料改定のパブリックコメント

2016.06.29

保育料改定説明会の保護者意見を受け、その後の対応について確認したところ、早速資料を準備し各園に持参したという。

子ども家庭部で手分けして、各園に保護者への配布を依頼したという。その内容は

保育料改定に対する意見の募集についてのチラシ。
また、保育料改定の考え方について各園に資料を10部配布し、これについても意見をお願いしたという。

改定の考え方についてはホームページにも掲載しているので、是非多くのかたに見ていただきパブリックコメントをお願いしたいです!

ただし、提出期限が7月5日と差し迫っています。
仕事と子育てで時間が本当に限られて厳しいという利用者のお声を私も聞いているので、大変だと思いますが、少しでも多くの方々のご意見が大切です。

日本の子育て関連、教育予算は先進国の中でもとても低いと指摘されているように、本来、国が子育て支援にかかる予算を確保し次の世代の育成に尽力すべきだと思います。

税金を何にどう配分するか!それを見極め、国会議員を選んでいかなくては!

 

| 未分類 |

保育料改定の住民説明会

2016.06.28

6月26日.大田区保育園、学童保育料改定について説明会が開催された。

今回の改定のポイントは、
保育サービス利用者間や保育サービスを利用していない家庭との公平性、受益と負担の関係性の視点から、認可保育所及び学童保育の保護者負担のあり方について見直しをするというもの。

まず、階層をこれまでの24段階から27段階にする。
二人目の児童に対して保育料を六割減免する。
低所得者の保育料を低減する。
などなど。

最高額は
住民税所得割額60万円以上で、0才児保育料では63500円から71800円へ引き上げ。

確かに保育料が引き下げられる世帯もある。しかし中間の世帯の引き上げなど、増収額は1億7000万円とのこと。この額は大田区にとって工夫次第で改善できる額なのでは?

2005年にも負担の公平性という理由を掲げ保育料改定が上程され、私ともう一つの会派が反対した。あのときももっと丁寧な説明をしてほしいと議会質問したが、三回の説明会と、参加できない方のため保育園に資料を送り、備の用紙に意見を書いて園に提出して欲しいと答弁。

この度の説明会は二回!

少なくとも各地域庁舎で開催できないのでしょうか?
参加した保護者から、各園で説明をという意見があがったのですから、対応を検討して応えて欲しいものです。

かつて豊島区は一年前に保育料改定案を提示したと記憶している。時間をかけ、丁寧に区民の意見を聞く。まずそれが地方分権の地域作りではないのだろうか。

  • 14670823212790
| 未分類 |

エセナおおたえがお100人ミーティング

2016.06.26

第7期大田区男女共同参画推進プランが策定され、エセナおおたで笑顔がつながるまちを考えようと題して萩原なつ子さんを講師に100人ミーティングが開催されました。

萩原さんは男女共同参画の第一人者であり、
講演とは銘打っているものの、参加者全員で語り合い作り上げる、とても楽しい講演会でした。

プラン策定は、始まりであり、ここから区内全域で共有し男女共同参画が根付くまちに向け実り多いものにしていきましょう!

| 未分類 |